雨とたまごやき 


窓を打ちつける雨の音を夢うつつに聞いてた、空港までの道のり

いつも、何度も、もう大丈夫だと思うのに
別れるときになって、いつも泣きそうな気持ちになる



more...