ある雨の日。 


ある雨の日。

私は試験に遅れそうで、自分のせいなのに、ひどくイライラしていた。


どうなってもいいと思っていたような気もするし、イライラを他にぶつけられなかっただけのような、そんな気もする。
とにかく私はスピードを出していて、窓を雨が静かに打っていた。


more...