人をdefineすること 


マーケット通り沿いを歩いていたら、
中国系のお店から、長い棒を持った男の子が走り出してきた

その後をあわてて追いかけるお店の女の人たちを見て
近くを歩いていた男の人が、その男の子を追いかけながら叫んだ

「Stop! Stop! It’s not worth it!!」
(待て、止まれ!そんな価値ないって!)


その言葉を聞いて、すごいな、と思った


その男の子が何か悪いことをしたのであろうことは
誰から見ても一目瞭然だった

それでも、その男の子を、
その一目瞭然の状態で判断することなく、
罵るわけでも、とがめるわけでもなく、
「君の人生の価値は、そんな一掴みのお金で台無しにしてしまうほど意味のないものじゃない」と

たった一瞬に
そういった思考回路になれるその男の人を見て
すごいな、と思った


私も
誰に対しても公平に
ちゃんと敬意を持って
目の前の一瞬の「点」ではなく、
その人の人生を「線」で考えられる人でありたいと思った


920x920.jpg