Archives

 2016-07 

最後の夜 


最後に
まだ彼のことを好きな状態で
ああやって会えてよかった

幸せそうに、私のためにカクテルを作る姿を見ることができて
同僚のトッドやベンたちとも
会うことができて


夜中の1時に、手をつないでタクシーで帰って
一緒にシャワーを浴びて
眠る前に抱き合いながら
私と抱き合うことが好きだと言ってくれた


あの夜が、最後の夜になるなんて
私たちは知らなかったよね


予感のような、小さな悲しい塊が
次の日目を覚ました私の中にはあった



それでも
私が幸せだったように

あなたもきっと
幸せだっただろう

キラキラとした、あの世界を
見せてあげることができたことを
誇りに思おう


いつか
どんなに苦しくても
あなたが、その時間があってよかったと
人生を優しく振り返られるように



ありがとう

あなたと出会えたことも
私の人生の、一つの奇跡だったよ