"アイシテル"のサイン 

ドリカムの歌、『未来予想図?』の中に
「♪いつも~ブレーキランプ~5回点滅~”ア・イ・シ・テ・ル”のサイン~♪」
という歌詞がありますが、
これは絶対アメリカじゃ通用しないですよね。
(たとえ”I love you”に置き換えても)



ゴールデンウィーク中に車で旅行していて思ったのですが、
日本の

- 「ありがとう」という合図にハザードをチカチカさせる(サンキューハザード)
- それか、クラクションを「ププッ」と軽く鳴らす
- 渋滞のときにハザードをつけて後続の車に教えてあげる
- 対向車を先に通してあげるときにパッシング(一瞬だけライトをつける)して、「どうぞ」の合図
- 同じくパッシングで、「この先で警察がネズミ捕りやってますよ」の合図

という習慣は、かなり独特な文化だと思います。
アメリカやヨーロッパにはもちろんナイし、
”サンキューハザード”なんて、アメリカでやっちゃうと変な車だ・・・と思われ
変な車だから車間距離をとろうとして避けられちゃうんじゃないでしょうか。。。

法律でもないし、自動車学校でも(たしか)習わないこれらの合図をいつの間に学んだのかよく覚えていませんが、
上の3つあたりは私も結構使います。



もともとは長距離トラック運転手(手を挙げても見えないデカイトラックに乗ってる)たちの間で始まって広まったといわれていますが、
他人への配慮を気にする日本人らしい文化だなぁと複雑な気持ち。
「ありがとう」を伝えることはいいことですけどね。


アメリカでは口の形で「Thank you!」とか
窓あけて陽気に「Thanks!」とか、
それか何も言わない。
ヨーロッパでも手を挙げて挨拶するだけみたい。

日本では一時、こんな製品まで出てたみたいです・・・
サンクステール




Comments

ですよね~!!この話わかります!!
アメリカでも、サンキューハザードの代わりに、バックミラー越しに手を挙げてありがとう!とはする人結構いますよね☆
あ、でも、渋滞のときとかに後方車両に知らせるハザードは東海岸(というかNYとかPAとか)のほうではみんなやってました~^^v

> shizuka-chan
そうそう。
知らないでUSでやっちゃうと渋滞と勘違いされちゃうんだよね~

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/101-670c9129