GLOBIS ~創造に挑み、変革を導く~ 

現在担当しているプロジェクトは、日本側になんと6名もチームメンバーがいて、
クライアント先のせまーい机に
きゅうきゅうになって座っています。
(太った外人が多いので、かなり狭い)

そのうち、
右隣と向かいがグロービスの講師、左隣がグロービスの生徒。
・・・ということで、営業されて(?)グロービスの体験授業に行ってきました。




グロービスは東京千代田区に本社のある経営大学院。
毎年100人強の人が入学するようです。

基本的にMBA取得希望者を対象としているのですが、
社会人向けにグローバル・マネジメント・スクールというものも運営しています。
これだと、1講座から受講でき、3時間の授業を3ヶ月間で6回受けられる。
日程も土日の午前中だったり、忙しい日は別の曜日に振替えができたり、出張のときは大阪や名古屋ででも受けられるという、社会人に優しいスクール。

グロービスの『売り』はマーケティングとクリティカルシンキング(通称クリシン)なのですが、
今回受けた体験講座は、マーケティングでした。
でも、論理的思考を求められながら次々と質問・課題が来るので、
途中までクリシンの授業かと思ってたぐらい。


感想としては、
「学ぶ」というよりも「トレーニング」といった感じ・・・
1講義につき毎回5~10時間程度の予習が必要なのですが、
授業自体は、

1) とにかくその場で論理的に考え
2) 短時間でまとめ
3) 手を挙げて発言し
4) 反論され、議論する

の繰り返し。

意見を言うにも、人数も35人ぐらいいるし、ミドルマネジメント層も多いので、
ちょっと緊張します。
その辺の「意見を言うだけでエライ」っていう”学校”とは違って、
明らかにマネジメント層の人に対しても厳しいつっこみが入る・・・(当たり前か)


体験講座の前は
「MBAでやるからいいや~、たぶん受けない」とか思っていたのですが、
今回感じたのは、
これが日本語でできなくて、なんで英語でできるんだ・・・ということ。

以前「留学までにしたい10のこと」で書きましたが、
せっかくの留学時間を無駄にしないためにも、
クラスメイトにちゃんと貢献するためにも、
『論理的思考力』
はきちんと身に着けておかないといけないなぁと実感しました。
しゃべる内容がないのに英語だけできても意味ないし・・・


コンサルという職種で鍛えられて、割りと論理的思考になってはきた気がするのですが、
まだムラがあるし、
知らない思考回路が結構あります。


入学金と合わせて約15万円(夫婦で受けると約30万・・・)は高いけど・・・、
受講経験者、知り合いの講師が口々に
「値段が高いだけある」
「○○先生の授業は一生に一度は受ける価値がある」
と言うので、
思い切って7月から申し込んでみることにしました。
(営業成功・・・)

講座は、当初予定していたファイナンスではなく、クリシン。
ファイナンスは次のタームで受けるかなぁ。


講義3時間×6回+予習5時間×6回の約50時間、
みっちりトレーンされてきます。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/104-109918eb