スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コットンが好き』 

コットンが好き



週末に行っていた病院の待合室で手にした本。
なんともマニアックなタイトルで・・・普段なら絶対スルーなのですが、
「病院」という白い環境に侵されたのか・・・


そしてこの本、素晴らしいのです。
目次はこんな感じ↓

徳利 14
盃 16
一位の箸 18
飯茶碗 21
珍味入れ 24
手塩皿 28
ようじ入れ 30
おしぼり 33
箸おき 36
しょうゆつぎ 39

徳利とか盃とかようじ入れについて、ただただ語るだけ。


著者の高峰秀子は本職は有名な女優さんだったようで、かなりの数の映画に出ている方のよう。
本職が作家ではなかったはずなのにすごく文章が上手で、
たかが徳利について2ページも3ページも書いて、全く読み手を飽きさせません。

珍味を入れるのに、「パックのままだと食卓がしらけてしまうから・・・」とわざわざ珍味入れに盛るなんて、
昔の日本の主婦の鏡だなぁと感心してしまいました。
しかも、楽しそうにこれらの食器を集め、箸おきなんて季節によって使い分けています。

週末にカレーと野菜スープを大量に作って平日交互に夫に食べさせている私にとって(よく飽きないな)
なんだか胸の痛い本でした・・・。

ついつい引き込まれて、待ち時間の間に「箸おき」まで読んでしまったのでした。

クリスタルの箸おきとか、季節ごとの箸おき、ほしいなぁ。(単なる買い物ズキかも)



いつかまかり間違って専業主婦をやることがあったら、
こんな風に色々な食器を使いこなして、すてきな食卓を作ってみたいなぁとも思うのでした。

料理が好きな人、食器や雰囲気にこだわる人、仕事に疲れてなーんにも考えたくない人、
オススメです。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/118-083516eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。