スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Round One - Admission and Consulting - 

INSEADのBi-Monthly Drinkで出会った夫婦におススメされて、
"Round One - Admission and Consulting -"というところに入学(?)しました。


MBA受験は、GMATやTOEFLの試験以外にエッセイやインタビューが合否に大きな影響を与えるため、そのために塾に通う人が結構多い。
(もちろんGMATのために塾に通う人もたくさんいる)

色々調べたのですが、有名なAGOSなんかはほんとに高い・・・。

AGOS→『テスト対策から書類対策までトータルでお申込される場合、MBAであれば約100万円、その他大学院であれば約60万円が、当校で受講され、合格されている方々の平均値です』との表記。(ハッキリした金額が書かれていないのがまたコワイ・・・)
Interface→MBA&大学院留学準備コンサルティングコースが52,500~189,000円+エッセイコース21,000円/時間。
イフ外語学院→入学金236,000円、その後のカウンセリングは8000円/時間。

みたいな感じ。

うちの場合は夫婦受験なので、入学金に1人25万円も払ってたら、留学資金が貯まらなくて本末転倒。。。


ということで、ストラテジックガイダンス90,000万円、「相談時間」50分間あたり20,000円のRound One(*)に決めました。
Round Oneはカナダにあるため、コミュニケーションはすべてメールかSkype電話。
決められた時間に学校に通う手間がないのと、好きな時間に好きなだけ取れるシステムが魅力的。

なにより、Bi-Monthly Drinkで出会った夫婦が実際に2人でINSEADに合格していること、
今年もさらに日本人夫婦がRound OneからINSEADに合格したことが決定打でした。

HPには『97.5%のクライアントが一流大学院から入学許可を獲得することに成功しています』と書いてありますが、これには落とし穴(?)があって、
事前にインタビューがあり、合格可能性の低い人はRound Oneへの入学を許可しないようです。
まぁ、2人で運営している会社なので、ある程度人数を制限しなければならないのは当然ですが・・・。


とりあえず、Round Oneのインタビューには夫婦で無事通過し、これから1年間お世話になることになりました。

インタビューで指摘されたのは、やはり2人の若さとキャリアの短さ。
私の場合は特にマスターを取っているため、実は仕事歴がまだ2年半なんですよね~。
(こうして書いてみるとほんと超短いなぁ)

今後のキャリアプランをしっかり描くことと、ベンチャーやコンサル企業での経験、ボランティアの経験などを練りに練ってしっかり書き上げることが必須だそうです。


まぁとりあえず、「年末まではGMATとTOEFLに集中して!まだ受けてないなんて・・・!!」って感じでした。
(3連休もGlobisのAccounting IとTOEFLに追われてなんだか休んだ気がしない)



・・・がんばります。



(*) Round Oneって、あのボーリングの・・・?と思いきや、Mr. RoundとMrs. Roundのご兄妹なんですねー。



Comments

頑張ってください!

Round One入学おめでとう!

Essayは本当に重要なポイントだと思うので是非是非頑張ってください。

INSEADはEssayのテーマが他校と少し異なるので、INSEAD受験に慣れているカウンセラーに見てもらうのが一番だと思います!

> Hacci

ありがとう!
さっそく大量のEssay Counselingの資料が送られてきて不安だけど(>_<)
がんばるね!


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/126-8506dcf0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。