たとえば本当は 

一週間、南の島で本を読み続けたりしたい。

パソコンも開かないで、新聞も読まないで、
買ったけど読めずに溜まっている本たちや、
昔叔父さんにもらった『リトル・トリー』とか、大好きだった吉本ばななの自選選集とか、
朝倉卓哉の『君の名残を』とか、空港でたまたま出会った『Can You Keep a Secret?』とか、
もはやTOEFLのテキストに取って代わられて、開かれることのないそんな小説を読み返して
あの頃のことを思い出したい。


もし一週間がかなわないなら、一日でもいいから、
一日中、映画を観て過ごしたい。
朝起きてベッドの中で映画を観て、
ブランチを食べてまた観て、眠って、起きてまた観て・・・・

たとえば、
感動して購入したのにそれっきり観れていない『JUNO』とか、
洋画に取って代わられて観られることのない本当は大好きな岩井俊二のシリーズとか、
同じく観られることのない『ハゲタカ』とか、
そういう「英語の勉強ができない」から後回しにされていた映画たちを
一日中観続けて過ごしたい。


もっと夏フェスに行ったり、旅行もたくさん行きたいし、
横浜に行ったことのない田舎者の夫を中華街に連れて行ってあげたり、
ミクシィを見てみんなの近況を知って、連絡を取って久しぶりに再会したり、
「見にいくね!」と言ったきり、会えないまま1歳になってしまいそうな友達の赤ちゃんたちや
ずっと会えないまま、そういえば電話さえ最近していないおばぁちゃんとゆっくり時間を過ごしたい。



色んなものが、全て仕事と勉強に取って代わられて、
なにかを失ってしまうんじゃないかと怖くなる今日この頃。




だけど、勝間さんが言うように、

「努力」の量はかけた時間で評価できる。
世界一の美女になるためには、あらゆる時間を「美女になる」ために費やさなければならない。

から、やっぱり少しでも時間があると、勉強または仕事に費やしてしまう日々。




今日は、TOEFLの試験が終わったので、
久しぶりにゆっくり買い物をして、色々とお世話になったのにきちんとお礼をできていなかった人たちにプレゼントを選んだり、
魚のかたちをしたスポンジのような、ささやかな日用品を買ったり
ずっと行ってみたかったお鮨の食べ放題のお店に行って、
勉強ついでに『エンロン』の映画を観てます。(今度のグロービスのケースはWorldCom)





このままずっと頑張って
その先にあるものが
過去よりもいいものであるといいなと願います。



ナニカを身につけた私が、いつか立ち上げる企業が
この世で、私が望むこれらのことを思いつきさえできない人たちを
今よりもいい場所に連れてゆけるものであるように。。。


(以上、独り言でした)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/137-75a69dc3