The World MBA Tour 

The World MBA Tourに参加してきました。

INSEAD→Oxford (Said)→MIT Sloan→The World MBA Tourと、
なんだか続けざまだったここ数週間。
学校調べはこの辺で打ち切りにする予定です。



WMTにはINSEADを始め、IMDIE Business School 、LBS、ミシガン、USC、NYUなどが来てました。
実際はめちゃくちゃ混んでるので、話が聞けたのは最初の3校だけ。


INSEADのブースではWomen’s Eventでお会いした女性の方と、そのときのファシリテーターだったAdmissionの人に会えました。
Admissionの人にはイベント後も夫婦の在校生を紹介してもらったり色々とお世話になっていたので、夫と2人で会うことができて良かったです。


今回新しく出会った方の中には、夫婦で留学された方がいらっしゃいました。(赤ちゃん連れてきてた!)
2人で仕事を辞めて、2人で留学して、フォンテンブローキャンパスにいながら卒業後にシンガポールでのJobをゲットしたというツワモノ。
実際卒業後に海外に残った卒業生にはなかなか会うことがなかったので、
仕事の探し方など、かなり有益な情報を色々得られました。

彼らも外村さんたちの話を聞いて夫婦でのMBA留学を決めたとのこと・・・。
世間は狭いなぁ。
(何人の人生変えてるんだろう外村さん)




話を聞いてみると、IEやIMDもなかなか面白そうでした。

IE Business Schoolはスペインにあって、Entrepreneurshipに強みを持つという学校。
夫がスペインLOVEなのでここもいいなぁと思いつつ、就職はちょっと厳しそうな感触を得ました。

IMDはスイスにあって、各学年が90人という小さい所帯。
外村さんいわく「相当忙しい・・・」という話ですが(夏休みがないためインターンシップができないというありえない話)、
製薬企業とのコネクションや、製薬企業でのプロジェクトなどが多く、私たちには合ってそう。

IMDの卒業生リストには、以前オファーを断った某製薬企業のBDディレクターが載ってました。
キャリアを積めば積むほど、どんどん世界が狭くなっていくなぁ。



それでも、今回色々なイベントに参加してみて、やっぱりINSEADが大好きだと再確認。
バイアスはかかってますが、会う人会う人ほんとに親切だし、「あ、じゃあ紹介するよ」とか、「じゃ、会いましょっか」とかいうのがすごく軽い。
イベントに来ているプレゼンターとAlumniという限られた人たちに会うだけですが、やっぱり学校によってかなり雰囲気が違うように感じます。

いつか彼らの後輩になって、
同じくINSEADを目指す人たちに思いっきり優しくしてあげたいなぁ。


とりあえず、学校サーチは終了。
次はスコアだー。
(最近は家庭での会話が英語です・・・)


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/138-539af593