透明化する世界 

ツイッターとかブログとかFacebookなんかのおかげで、
世界はフラットどころか
どんどん狭く、そして透明になっていってると思う。


色んなところで知人の知人に偶然会うことを
「世界は狭いねー」なんて笑っていられたのは過去のこと。
いまとなってはもう全然当たり前のことだし、
初対面の人ともそのバックグランドや興味分野を聞いただけで、「ところであの人、知ってるでしょ、もちろん」なんて感じで話が進んでいく。


だけど世界は狭くなってるんじゃなくて、
実は広く、ただ透明になってるんだと思う。

ツイッターやブログや、Facebookなんかのおかげで。



ツイッターやブログや、Facebookは、
昔だったら絶対に出会うことのなかった人たちとの出会いを可能にする。






去年、INSEADのシンガポールキャンパスを訪ねたとき。



どうせなら在校生に会いたいと思って、
Facebookで‘INSEAD’と検索して、在校生らしき人にとりあえずメッセージを送ってみた。

そしたら、彼がシンガポールキャンパスの在校生に一気にメールをしてくれて、
そのおかげで何人かとお会いすることができた。

その一年後、ブログを通じて知り合ったライフネット生命保険の岩瀬さん、
を通じて知り合った社長の出口さんのツイッターを見ていたら、、Facebookの写真と同じProfile写真の彼がReplyをしてた。

それで、その彼が、日本に帰ってきていることを知った。
と同時に、彼がライフネットの2周年記念セミナーに参加するらしきことも知った。

なので、再びFacebookで連絡を取って、
「私もそのセミナー行くので会いましょう」ということになった。

当日は、Facebookの写真のおかげで電話なんかしなくてもお互いがお互いを認識できて、
初めて会うのに、会話は「お久しぶりです」からスタート。





これが、もしツイッターとFacebookがなかったら・・・

INSEADのAdmissionに連絡をして、彼を紹介してもらって、メールをして、
・・・たぶん、それで終わり。
卒業後に彼が何をしているかなんて、たぶん知ることはなかっただろうなぁ。




世界は広く、
そして狭くなっていってる。





とくにツイッターの力はすごい。


人と人がつながっているのがリアルに見える。



知り合いとは知らなかった自分の友人と友人がRTし合ってるのを何度も見て、
「もう悪いことはできないな」
ってココロから思う・・・






Comments

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Re: あろえさま

ありがとうございます。
ツイッターにかまけて最近全然更新していなかったので、
またがんばります。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/223-ec752a73