旅の途上 

先週末から、実家の福岡に帰ってきてる。
福岡、北九州を合わせて、4日ぐらいの滞在。

もっとゆっくりするつもりだったのに、結局こんな時間になっちゃった。
時間はつくるものというけれど、なかなか難しい。



今回の帰省では、お義母さんをお義父さんのお墓に連れていくことができてよかった。

産まれたばかりの甥っ子に会えたことも、うれしかった。
次に会うときはもう、歩いたり、しゃべったりしちゃうんだろうなぁ。


それから、大好きな地元の友達たち。
「今の時代はTwitterもあるし、Facebookで写真も共有できるし、寂しくはないんだよー」
ときゃっきゃとはしゃいだ後、急に泣き出した。

福岡で生まれて福岡で育ち、海外に行ったことのないこの子にとって、
私がこれから行こうとしているフランスは、なんて遠いところなんだろう。



最後に、ふゆこをみんなに会わせることができてよかった。
卒業後のことはまだわからないけど、海外から犬を日本に持ち込むことは難しく、
もしかすると、もうふゆこと私の両親が再会することはないかも知れない。
私のワガママで、会いたい人に会えない人生を歩ませてしまって、ごめんねふゆこ。






いま読んでいる本に、『きっと、人はいつも、それぞれの光を捜し求める長い旅の途上なのだ』っていう言葉があった。

もし本当にそうだとしたら、あの光が、いつかどこかでまた、彼らとつながっていますように。








Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/257-19751a70