ビートルズ Top 10 -その1- 

ここ一ヶ月ぐらい密かに続けてた、The BeatlesのTop 10を選ぶプロジェクト(勝手に)。


当初23曲だったリストを、やっと10まで絞った・・・

リストから1曲外すたびになんだかその曲を裏切るような、まさに断腸の思いだった。
CROSSBEAT 2010年 12月号でみんながTop 5を選んでいたけど、信じられない。



本当はak_oxfordさんさんみたいに数曲ずつがっつり載せたかったけど、
もうすぐケニアに出発しないといけないので、最初の5曲を一気に。


マニアックすぎて誰も一曲も知らないんじゃないかという不安もあるけど、
まぁ好きに理由なんてないんだからいっか。(←常にフィーリングで行動するタイプです)

No.1 Blackbird

1968年発表『ホワイトアルバム』11曲目(B面3曲目)、ポール・マッカートニーの楽曲。

バンドをやっていたとき自分で作詞作曲をしていたこともあって、音楽を聴くときは、まずメロディと歌詞を聴く。

この曲はメロディに一聴惚れしたナンバーで、アコースティックギターの切ない響きと、ポールの優しい声が最高に好き。
森の暗闇の中に、薄くて淡い月の光が差しているよう。

静かだけど、希望に満ち溢れる一曲だと思う。







No.2 I've Just Seen A Face(夢の人)

1965年発表『Help!』12曲目(B面5曲目)。
ボブ・ディランの影響を受けた、ポール・マッカートニーのバラード。

このアルバムは個人的に大好きなのだけど、この曲は特に、歌詞が好き。

Had it been another day
I might have looked the other way
And I'd have never been aware
But as it is - I dream of her tonight

・・・運命っていつもこういうものなんだなと思わされる。









・・・5曲といいつつ、2曲で力尽きた。

コメント書くのって難しい。。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/260-fafc5902