ビートルズ Top 10 -その2- 


ケニア出発までに全曲書き終わらないに100円賭けたい気分。
(そして、ケニア準備が終わらない。・・・というか始まってない)

今回はTop 3とTop 4について書きます。



No.3 No Reply

1964年発表『Beatles For Sale』の1曲目。
もしかして、唯一、ak_oxfordさんと重なる選曲かも。(選曲違いすぎ・・・)

Johnの、"It happened once before..."っていう訴えるような声のイントロがたまらない。
そして続く、失恋した彼の最後の訴え、
もう叶わないとわかったうえでの、まるで足掻くようなくだり。
"If I were you, I'd realize that I love you more than any other guy"

曲の最後に向けて、あぁもう絶対にダメだという感じがどんどん頂点に達してゆき、
最後は"No Reply...No Reply..."の繰り返しで終わる。

聴けば聴くほど切なさを増すナンバー。






No.4 Michelle

1965年発表『Rubber Soul』の7曲目。
曲の途中でフランス語が使用されている。
Top 10を選ぶときにこの曲を入れる人なんて一人もいなかったりして。。。

でも、途中の"I love you~"とつぶやく箇所が最高に好き。
Blackbirdと同様、ポールの色っぽさがよく出ている曲だと思う。





Comments

マニアックな選曲がいいですね

はじめまして。Ke-jiといいます。
Twitter経由で飛んできました。

僕もビートルズ好きですが、
tomokoleaさんのマニアックな選曲がいいですね!
これからどんな曲がでてくるのか楽しみです^^

Re: Ke-jiさん

激しく長い間コメント欄を放置しててごめんなさい。
7位以下も日本に戻ったら書きますね!
(というか、マニアックでごめんなさい)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/261-e88e6a11