スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crying Course 

現在選択科目として取っているCareer Development and Self-Assessmentという授業は、別名Crying Courseと呼ばれている。

まるでカウンセリングのような授業で、ずっと話を聞いてると、なんだかみんな泣きそうな空気になるから。

教授は、既にINSEADで30年以上も教えていて、旦那さんがOBの教授というなんだかすごい環境の人。


初回のセッションは、みんなのTurning Pointについての話だった。

結婚して2ヶ月で離婚した人や、事故で体の骨を全部砕いた人、テロで目の前で従兄弟を失った人など、みんなあんなに馬鹿みたいにパーティばかりしているのに、陰にはいろいろあるんだなぁとしみじみ思う。



いつも、過去のことを振り返る度に、親が子供に与える影響というものを思い知らされる。

Self reflectionをする度に、いつも自分の根本的なところにある寂しさと自立心のようなものと向き合うことになる。

人よりも異様に寂しさを感じるところ、別れに対して異様に諦めが早いこと。
幼い頃の愛に飢えた経験がカタチ作る人間性が、こんなにも克服し難いものだとは思わなかった。



コースのAssignmentのひとつとして進めているChange Projectでは、5年ぐらい前に『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本を読んで以来、ずっと課題としている”箱の外にい続ける”ことをテーマにしてみた。

毎日の自分の感情や行動を振り返って、箱から出ていられたかどうか、何が自分を箱に押し込んだのかをCo-consultantと共にレビューする。結構胸苦しい作業・・・。

もう一つのAssignmentは、自分についてのストーリーを書くこと。
小さい頃の記憶から現在までをひたすら書き連ねる。
これもきっと複雑な思いをするんだろうなと思う。(素直に書いたら退学になるんじゃないかという不安もある)



「INSEADの一年はバブルのようなもの」とまで言われるふわふわとしたINSEADの生活だけど、このコースを通してもっと自分のことを知って、もっとしっかりと前を見ていられるようになれたらいいなと思う。



Comments

個性

いろんなことをされているんですね。
自分の個性が強みとなるように変わりたいものですよね!

Re: 個性

短い期間だけど、ちゃんと自分を見つめなおして変われたらいいなと思ってます。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/309-7ef69ce6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。