スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話 


カフェにいる間、彼が私のiPhoneの解約手続きをしてきてくれるというので、代わりに彼のiPhoneを持って待っていた。

彼にSMSを送ろうと思って何気なくSMSを開いたら、
私のほかにほとんど誰ともやりとりをしていないことに気づいた。



パートナーである彼は、ここ街には何のコミュニティも持たない。

当然のように彼の友達はほとんど私の友達なわけで、彼は、私を通して皆とつながっていたんだなぁと思った。

本当に、私だけのためにここに来てくれたんだなぁ。



いつも、コミットメントが足りないと周りに言われる。
いつでも一人になれるように、いつも最後の逃げ道を残したままでいる。

少しずつ少しずつ、大切なものを大切にしていかないとと思った。
(勝手に電話見てごめんなさい)



Effel.jpg


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/319-05b07c7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。