Security Training 


昔、山本敏晴さんの『世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団』という本を読んだ。

その本でも取り上げられていたように、UNICEFや国境のない医師団のように途上国での活動を進める団体にとって、メンバーの安全を守ることは最も重要な仕事。
UNICEFの車も、全て4x4でVHFとHFが装着されており、18時から6時にかけての活動は禁止されている。


Safety trainingでは、車に乗る際は窓は5cmまでしか開けてはいけないとか、家にはアラームとガードをつけてラジオを受信できるようにしなければいけないとか、覚えられないくらいの様々なルールを聞かされた。

実際に、セーフティレベル1から4という途上国にしては信じられないくらいに安全なルワンダも、ハウスメイトの友人がレイプされたり、気が抜けない事件は時々起こる。

ここにいるみんなが最後まで安全に過ごせるといいなと心から願う。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/324-3d306fbd