ぶどう畑 


緑のぶどう畑と黄色のひまわりを抜ける電車は、7年前のそれとは全く違うもののように見えた。
あれから、私は大学を卒業して、仕事をして、辞めて、

7年の間に、私はどう変わっただろう。

Field.jpg



あの時の私は自分で生きる術もなく、
でも、いまと同じように、愛と友達にめぐまれていた。
その頃につきあっていた恋人も、もう大人になり、今ではフランスではないどこかの国に住んでいる。

あの夜は、猫のペットフードが臭いとか、夜のお墓がキレイだとか、
チーズとワインを飲みながら、みんなで他愛もない話ばかりをしていた。
彼の魚のような目が、いまはどうか、輝いていますように。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/329-1381897a