ザンジバルという島 

週末に、タンザニアのZanzibarという島に行った。

その昔、奴隷の市場となっていた島。
奴隷が売られていた市場のあとには、大きな教会が建っていた。
地下にある奴隷の部屋はとても小さくて、この中に80人の男女が閉じ込められていたという。



島は、そんな過去の記憶を洗い流すかのようにキラキラと輝いていた。

たくさんの可愛いドア。

door.jpg


朝から夜まで、人の行き来が絶えない町。

zanzibar.jpg


レゲエの音、海の匂い、空。

sky in zanzibar



夜の公園は、エビやたこの揚げたものを売る人たちでいっぱいだった。

fordanipark.jpg


アフリカのダンスショーを見に行ったら、マラウィから来たという日本人たちに出会った。
大学の先輩がマラウィで先生をしていることを話したら、同じチームで働いているという。
久しぶりに電話越しに聞く先輩の声は、とても懐かしくて、なんだか現実なのか夢なのか分からなくなる。

africandance.jpg






3日目から、ストーンタウンから車で一時間ほどのパジェという村に移った。
日本人が所有するバンガローがあって、もう17年も運営しているという。
その図書館で星野道夫の『イニュイック』を見つけた。こんなところで、またアラスカに出会うなんてすごい。
たくさんのことが、世界の色んな場所でつながっていくんだなぁ。


パジェの海は本当に奇麗で、初めて、そういえば今は夏休みだったことを思い出した。
色々な魚を釣る漁師の人たち。

海辺でタコを叩いている図は、なんだか浦島太郎のいじめっ子の図のようだった。

octopus.jpg


beach.jpg






キガリに戻ってくると、意外にも、なんだかほっとした。
バイクから観た夕焼けは、なんだかここがhomeのような感じさえさせた。

kigali.jpg



家に着くと、空に小さな細い月が出ていた。
また、新しい週が始まる。

kigali2.jpg


Comments

素敵な1日ですね。

辛い過去をもってる島なのに、なんでこんなに美しいんだろう。
過去を風化させず、穏やかで平和な島として歩んで行ってほしいですね。

Re: Masa-san

ね、光と海と空がすごいキラキラしてて、ほんとに素敵な島でしたー。
このままずっとこの自然も保っていってくれたらいいなと思います。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/334-52b498a1