停電 


オフィスからの道をカフェに向かって歩いていると、急に町中の灯りが消えて、ふっと世界が暗くなった。

全ての灯りが、人の動きに合わせた車とバイクのヘッドライトだけになる。

一瞬、世界がしんとなった気がした。



キラキラとした灯りの中、何も変わらないかのような人々の呼吸が聞こえる。

ランニングをする男の人、家路を急ぐ、スーツを着た女性。


なんとなく嬉しくて、
ずっと空を見上げていた。


今日も、空に月が輝く。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/335-9e79e894