スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルワンダでの仕事まとめ 


UNICEFでの仕事もほぼ終わりに近づき、
ほとんどの時間をレポートやプレゼン資料の作成に費やすようになった。

ここ5週間かけてやっていたのは、UNICEFルワンダにおけるPublic Private Partnershipについての調査。

国連の組織の中でも、UNICEFは国連から100%の財政的援助を受けておらず、基本的に政府や私企業やドナーから自力でお金を集めないといけない。("子供"はドナーからのFundraisingがしやすいはず、という主張らしい)
ルワンダはここ最近、政府の強いリーダーシップの元、目覚ましいGDP成長率やMDGsの達成度を記録していて、その結果、私企業からのお金がなかなか集まらなくなっている。
ルワンダにお金をあげるよりもっと環境のひどいコンゴに・・・という風に、お金が流れていってしまう。

今年はまだ、6割ほどしか資金が集まっておらず、たくさんのプロジェクトが中止や延期の危機に瀕していた。

私たちが担当したのは、UNICEFルワンダでは初めての試みとなる、私企業との直接のパートナーシップ。他のオフィスでは既に行われていることだけど、ルワンダでは私企業とパートナーを組んだことは過去になく、まずはルワンダにどういう企業がいるのかというところから調査が始まった。

Rwanda Development Boardの2010年のアワード受賞企業だとか、KPMGのTop 100 East African Companiesとか、ルワンダのイエローページまで調べて、企業のリストアップ、スクリーニングを行う。

フィルターは、ざっくり
1) ルワンダに投資している企業
2) 既にCSIのプロジェクトが進めているなど、CSRに興味のある企業
3) 利益の出ている企業
の三つ。

結果、ルワンダの企業を含めて全部で15の企業がリストに残った。
国籍はイスラエルからルクセンブルグまで色々、企業もオイルからメディアまで色々。

Engen
Shell
Banque Populaire Du Rwanda
KCB Rwanda
The Coca-Cola Company
Starbucks Coffee Company
Bralirwa
DStv
Hewlett-Packard
Intel Corporation
Cisco
Alvarion Ltd
TIGO
MTN
Nike, Inc.


次に、これらの企業をUNICEF自身のスクリーニングにかける。
ほとんどはまだスクリーニング中だけど、例えばBralirwaはアルコール企業だからという理由でネガティブ、The Coca-Cola Companyは過去に児童労働の問題があったということでSpecial Considerationという結果になっていた。

ブランドが命のUNICEFでは、アルコールや煙草、武器を生産している企業との提携は絶対に認められない。(たとえば政府のキャンペーンにアルコール企業が出資した場合、UNICEFはキャンペーンから降りることになる)
Bralirwaなんかはルワンダで一番利益の出ている企業で、CSRにもかなり力を入れている企業だったので、ドロップしないといけないことは残念だった。


次に、UNICEFの各セクション(HIV/AIDS、Education、Water&Sanitation、Child Protection、Health&Nutrition)で行われているプロジェクトを詳細に把握し、企業の興味分野とマッチさせていく。
ここからは、One UNというややこしいシステムのおかげで、他のAgent(UNAIDとかWHOとか)との協力を検討したり、結構政治的な話になっていく。


今回のプロジェクトを担当してよかったのは、全てのセクションと一緒に仕事ができたこと、そしてルワンダに入っている企業の全体像が見れたこと。
150ぐらいの企業についてくまなく調べたおかげで、今ではルワンダ内でどの企業の広告を見ても、その企業の背景や収益レベルなんかが浮かぶようになった。

私たちがいなくなったあと、各セクションがどれだけ各企業との交渉を進めて行けるかが大きな課題ではあるけど、少なくとも「PPPという可能性がある」ということを目で見える形で見せてあげられたことはよかった。

UNICEFルワンダのプロジェクトが、資金不足で中止されることのないよう、引き続き子供たちのサポートを続けて行けるよう、少しでも力になれたらいいと思う。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/343-438c8385

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。