スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KelloggとINSEAD比較 


KelloggとINSEADの類似点はパーティ好きなところとコスチュームが好きなところだとよく言われるけど、基本的に生徒たちはフレンドリーで、すごく雰囲気は似ていると思う。



違うところ。

1) Kelloggではコースパックが有料

INSEADではコースの資料やケースは全部無料で、図書館に行くと各個人の受ける授業の資料が袋に入って置いてあるので、本屋さんでコースパックを買うシステムはびっくりした。


2) 授業があんまりない

INSEADでは朝8:30から夜7:30までずーっと授業、とかいうことが普通だったので、週5つとかしか授業がなくて月火木しか授業がないのは衝撃的。
やっぱり2年制っていいなぁ。


3) 授業中にお酒を飲んだり食べ物を食べたりしちゃだめ

遅刻してきた人に教授がビールを買いに行かせるようなカルチャーのINSEADから来た身としては、びっくり。
お昼からビールを飲んでる人とかもそういえば見ない。
INSEADでは授業の最後に教授にシャンパンシャワーとかしていたけど、そんなことをKelloggでしたら通報されるかも・・・。(教壇に通報のボタンがある)


4) 生徒が教授を尊敬している

INSEADでは尊敬していないというわけではないけど、生徒は結構教授に厳しいと思う。
授業をうまく進められない教授を解雇しようとしたり、いきなり立ち上がって10分間スタンディンオベーションをしたり、教授に抱きついてキスをしたり(そしたら100ユーロもらえるとかいう賭けをする)、慣れていない教授は馬鹿にされていると感じるみたい。
ここではそんなゲームをしているのは今のところ見ない。


5) おしゃれはあんまりしない

INSEAD生が首にスカーフを巻いていると「そんなことここでしたらゲイだと思われるよ」って言われた。
INSEADではピンクのパンツに緑の靴下、とか平気でやってる男の人がいっぱいいた。
女の子たちは可愛いしおしゃれだと思う。ただ、INSEADみたいに露出度は高くない。
(というか、INSEADの露出度は相当高いと思う)


6) 人が優しくて効率的

INSEAD生ももちろん優しいのだけど、やっぱりちょっとツンとしている。
ここではちょっときょろきょろしていると誰かが必ず声をかけてくれて、とてもフレンドリー。
アドミのスタッフもすごく親切だし、仕事が早い。あっという間に色々な手続きとかlaptopのセットアップなんかができて感動だった。(フランスが遅いのかも)


総合的にKelloggの雰囲気は大好きで、しつこいけどここに来れてほんとにハッピー。
あと5週間しかないけど、精一杯この時間を活用できたらと思う。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/351-fe1e9854

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。