こころ 


最近は、なんだか自分を守るようなことばかりするようになった。

1ヶ月後の別れに備えて、最後に自分が傷つかないように、いろんな無駄な駆け引きをしようとしてしまう。

人に優しくしたり、与えようとしたり、
そういえば日本を去る直前も、自分以外の何かのために時間を使ってばかりだった。

できることを全部してしまえば、やり遂げたような気持ちになって心残りがなくなると思った。


いまもまた同じように、全部の関係を、自分の感情を外して終わりへと収束させようとしている。
もっと一緒にいたいなんていう、無駄な自分の感情には蓋をしたまま。



日本からフランスに来たときは、まだ、いつか「帰る場所」がある気がしていた。
Evanstonからここに戻ってきたときもそうだった。


でも今回は、みんな完全にバラバラになって、もう二度と、この居場所が作られることはない。

ここを好きになれば好きになるほど最後がつらくなることも、
その最後が、12月21日という決まった日にくることも知っているし、
5日にシンガポールに行ってしまう私は、いまここにいるひとたちと、あと1ヶ月しか一緒にいられない。


借りた映画のように、苦しい最後の部分だけ早送りしてしまえたらいいのにと思う。



いつか、親友が「ともこが引っ越したあと、「行かないで」って言えばよかったって思って泣いた」と話してくれたことを思い出した。

手遅れになったあとに、なんであのとき会えるだけ会わなかったんだろうと思うのかな。





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/366-a8d260b6