Liverpool再び 

もうヨーロッパに来ることも当分ないかも知れないと思い、週末にまたLiverpoolに行った。

日本を去る前の私を支えてくれた音楽。


街は去年と全く変わらなくて、凍えそうな夜の街を裸足でものすごい露出で歩く若者たちが、なんだか愛おしくもあった。
この街で生まれて、この街で人生を歩む人たちがいるんだと思った。


今回はMagial Mystery Tourじゃなく、Fab Four Taxi Tourというプライベートのタクシーで街を廻った。

PaulやJohnの生家からPenny Lane, Strawberry Field、
そしてPaulとJohnの出会った、世界の歴史を変えた場所。

私たちより興奮して説明するTour conductorを見ながら、なんだか微笑ましい気持ちになった。
The Beatlesはいまも、形を変えて人々の生活を彩っている。



今回一番面白かったのは、彼が各歌にそって連れていってくれた場所。
たとえばPenny Laneだと、
Penny Lane there is a barber showing photographs...のくだりのBarberだとか、
Four of fish and finger pies...のくだりのFish & Tipsのお店だとか、
Behind the shelter in the middle of a roundabout...のくだりのShelterだとか。

その日はイギリスらしからぬいい天気で、頭上にはたしかにthe blue suburban skiesが広がっていた。


彼らの魅力は、ひとつひとつの歌が薄っぺらくなく、全て彼らの当時の葛藤や思い出に基づいているところでもあると思う。
ひとつひとつの歌の影に、彼ら自身の像が浮かび上がっているような感じがする。


だからこそ私は、彼らの音楽に支えられたんだろう。

彼らが幼かった頃と変わらないであろう空を見ながら、自分が世界に与えられるものについて改めて思いを巡らせた。



Comments

いいなー、リバプール!!!

Re: ak

Cavernすごいよかったよー♡

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/369-a1f15ea9