決断 


いつも、手の中ものを手放すときは、足がすくむような気持ちになる。

目に見える未来を永遠に手放してしまうことは怖いし、
その代わりに手に入るものが不確かなときは、なおさら躊躇う。


それでも、いま見える未来や、自分の手の中にあるものが、ほんとうに自分が心から求めているものなのかどうか、それを手にしたまま時間が経って、最後にそれでよかったと思えるかどうかを、いつも、自問自答しながら生きていかないといけないんだと思う。

穣さんのいうように、人生は一度きりだし、一番のライバルは、「がんばればそうなれたかも知れない自分」。


今までの人生を振り返ってみたら、いつも、見える未来を手放すときは、怖い気持ちだったなぁと思う。

優しい人と別れたとき、恵まれた職場を去ったとき、居場所だと呼べた場所を離れたとき、知らない途上国に足を踏み入れたとき。


でもそのどんな選択も、全て、してよかったといまは思える。


だからこそ、「今度こそは失敗かも」と恐れるのではなく、今まで自分がしてきた後悔のない選択に感謝して、今度、一度ぐらいは、失敗して後悔してもいいかと思って決断してみようと思う。

「しなければよかった」と思うことのほうが、「ああしてればよかった」という後悔より、何倍も苦しくないだろう。





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/384-e66504c7