メール 


探したいものがあってGmailの「Saved」というラベルを何気なく開いたら、
過去の、好きだった人との他愛もないチャットや、お父さんからの珍しく優しいメール、私を救ってくれた親友からのメールなんかがいくつも保存されていて、
なんだか、泣きそうになった。

なんで保存してあるのかさえわからないぐらい他愛もなくて、だからこそ、胸が苦しくなった。

最後には最高にダメになってしまった恋人たちとも、そういえばこんな無邪気な時期があった。
私は無邪気だったし、純粋だったし、いまよりもずっとバカだったけど、でもいつも、全身全霊だった。


一年前の、怖くてたまらない思いや、フランスに行くかどうか何度も悩んだこと、大切なものから手を放した瞬間まで全部保存されていて、まるで、小さな自分の歴史のパッケージのようだった。


過去に置いてきてしまった私の大切なものたちは、いまも、私を過去に引っぱりながら、
それでも背中を押してくれる。

失敗したかのように見えることや、失ってしまったものでさえ、あの時期の私のあの瞬間を、確実に輝かせてくれたと言える。




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/386-4bfe92ed