自分らしさ 


いま思うと、パリにきて最初の2ヶ月は、なんだか無理をしていたなぁと思う。

新しい土地に行くことには慣れているはずで、
ちゃんとそれぞれの場所で自分の居場所を築いてきたし、
それでも今回はなんだか、
もっと強い、プレッシャーのようなものがあった。


大切なものを遠くに置いてきてしまったという覚悟と、
約束のようなもの。

頑張らないとと何度も思ったし、
なんとなく、いつも気を張っていた。


なんであんなに頑張らないとと思ったのか、いまではもう分からないけど、
頑張れなくなったときに、受け入れてくれる場所が他にないことを、わかっていたんだと思う。
そして、それと向き合うことも、たぶん怖かったんだと思う。


時が経って、その約束のようなものがなくなって、
私はまた、バカなことも、理不尽なこともするようになった。

私はまた私らしく笑うようになって、
そしてその中で、自分自身の価値観をちゃんと持っている。

ありのままの自分を出すようになってから、パリの街はもっと優しく色鮮やかになって、
まるで、全く違う街みたいになった。


もう、あんな変な頑張り方はしないと思うし、
誰かと何かを約束するようなことも、たぶんもうない。


静かだと思っていた世界は、いまはもっとダイナミックに、私を弄びながら包んでいって、
最後の最後に、こうして自分らしいまま、この街や人と向き合えてよかった。




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/396-8b142d3d