人の縁 

人との縁ってすごいなぁと思う。

サンフランシスコに来てから、なんだか世界規模の同窓会をしているみたいだ。



Elieと初めて会ったのは9年前で、サンフランシスコに着いて、初めて寮の地下に降りたときに、「Are you a new one?」と言って話しかけてくれたのが彼だった。

それからフランスで会ったり、彼がMontrealに留学しているときにも遊びにいったりして、
でも私がフランスに留学していたときは彼はアメリカにいたり、お互いに世界を飛び回ったあげくにまた2人でここに戻ってきた。



Kofiは、私が帰国してから通っていた英語の先生。
ハーバードの化学を専攻していたこともあって、私の薬学部での英語のプレゼンなんかを見てくれていた。

そのあとボストンに戻り、ミシガンMBAに行って、気づいたら、私がその頃働いていたコンサルに就職してきて同僚になった。
出会ったときは、私はMBAという言葉さえ知らなかったと思う。

そのあと私は辞めてしまって、彼はサンフランシスコオフィスに転勤になり、いまこうして同じ街にいる。



Sakaeは、私がサンフランに住んでいたときのルームメイトの恋人。
おじいちゃんが日本人で、日本が大好きな彼に、帰国してからも色々と日本のものを送ったりしていた。

今は彼が部屋をサブリースしてくれていて、部屋に入ると、私が送った数々のものや写真なんかが、色あせたまま飾ってあった。
昔は私がお姉ちゃんみたいだったのに、いまでは彼がお兄ちゃんみたいだ。



他にも前の会社の同僚で同じプロジェクトで働いていた人たちが、あの頃はロンドンやボストンオフィスにいたのに、なぜかサンフランシスコに来ている。

Martinなんかは、こっそり「もしMBAを取ったらうちでディナーをご馳走してあげる」と私がこっそりINSEAD受験をしているときに励ましてくれた人。

Rob Sheltonは、めちゃくちゃエライ人なのに、私が一度会ったことを忘れて「Nice to meet you」と言ってしまって、あとで気づいて謝りに行ってから、なんだかすごく仲良くなった。

Jessicaは、アドビで働く旦那さんについて引っ越してしまって、いまは子供を2人産んでとても幸せそうだ。
ケロッグのMBAを持っていて、私がINSEADに合格して会社を辞めるとなったとき、密かにものすごく喜んでくれた子。



Dougはスタートアップのときの同僚で、あの頃は、福岡弁を話す変な外人としか思っていなかった。
酒造で結婚式をして、ケーキカットの代わりに鏡開きをするぐらい日本人っぽくて、
でも実はAppleのプロダクトマネージャーで、こうしてここで時々会える。



ここに来てから、新しい出会いもたくさんあった。
この街は、人と人とがつながっていくスピードが、パリの10倍ぐらいのような気がする。

私も人をつなげていきたいし、このつながりを大事にしていきたい。

与えてもらったものをちゃんと活用して、少しずつ、いつか返せるように。




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/400-c1d2e81b