夜のLA 


夜のLAの街をタクシーで抜けていたら、
いかにも治安の悪そうなコインランドリーやバーがいくつもあって、
なんだか愛おしかった。
キラキラと光るビル街よりも、こういう場所に人々の生きづく世界があるんだと思う。

会社が取ってくれたホテルの窓からはLAの夜の街がキレイに見渡せて、
ふっと、初めてコンサルとしてホテルに泊まったときのことを思い出した。

あの時も同じように、ホテルからの景色や、その部屋の広さに興奮したなと思う。
毎日のように泊まるうちに、やがてその特別感も薄れ、
会社のお金で美味しいものばかりを食べながらも、なぜかどんどん痩せていった。
30分の差を惜しんで、新幹線ではなく飛行機でクライアント先まで通っていた日々。


先日友達に言われた言葉を思い出す。
"you make more money but spend those money on making you happy"

なんだか取り返しのつかない間違いを犯そうとしているのかのような気分になる。


PwC3.jpg

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/404-368a59ee