ただ何気ないもの 


普段は何も分からないおばぁちゃんが、会いにきてくれてありがとう、夢みたい、幸せ、と
泣いてくれた帰り道に車の中で聴いた、北九州の景色に全然そぐわないCountry Song

いつもどっちでもいいとばかり言う私が
「こっちのがいい」と言うのでしぶしぶお父さんが変えてくれたCD

このやりとりと、この景色と、音楽が鳴った瞬間の笑ってしまうような空気の変化を


ちゃんと目覚ましをかけているのに、勝手な時間に朝ごはんを作って起こしてくるお母さんや
結婚式帰りにおばぁちゃんの家に寄って、ドレスにレタスを手に持って帰るバカみたいな姿を


「なくすから」と鈴つきの金魚の形の袋に入れられている家の鍵と
お風呂場に並んでいるどこで手に入れたのか分からないような小さな置き物たちを



もう二度と見られないかもしれないと思いながら
目に焼きつけて
また『自分がいるべき場所』へと戻っていく


Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/411-044e2a53