香りは永遠に 


久しぶりにKiehl'sのココナッツのリップクリームをつけたら
ふっと
生温かい5月のシアトルの夜の空気が拡がった

匂いは、なによりも唐突に
強烈に記憶を呼び起こす


ココナッツのリップと、市場の人混みとコーヒーと古本の混ざった匂い
傾きかけた太陽の柔らかい光が
観覧車と水面をキラキラと照らす風景が

まるで目の前にあるかのように



15歳の頃の彼がつけていた、ウルトラマリンの香水

原付で通ったピザ屋のトマトソースの匂いと
バイクのオイルの染み付いた白いバン

その香りの傍にいるだけで
何もかもが大丈夫なような気がした

その香りとすれ違うたびに
あの頃に手が届くような気がした



コロンビアの結婚式で、真夜中に何気なくViktor Rolfの香水をつけたら
INSEADの最後の方の、切ない夜の匂いがした

まるで、あの夜に戻ったかのように
バスルームを出たら
いつものように少し酔った皆が、笑って踊っているかのように

当然ながら
外には新しい夜が拡がっていて

でも
匂いは永遠に上書きされない



やがて時が経って、いろいろなことが変わって
思い出さえ、もう切なくなる必要のないものになっていたとしても

匂いだけは執拗に、その時間に留まり続けて
残酷なくらいに唐突に
私たちを時々過去へと連れ戻す



ウイスキーとタバコと
冬の夜の空気と月の匂いを混ぜたら
一年前のあの頃を触ることができるんだろう

たとえもう二度と戻ることがなかったとしても
何度でも戻ることができるんだろう




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/479-5436f72c