スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を放す瞬間 

最後に、ああやって
何事もなかったかのように
みんなで、はしゃげてよかった

あんなに一緒に過ごしていたジュリアンも
マックスのときのことから知っているサムも
I miss you と言ってハグをくれたエイミーも
いつもの、笑顔の可愛いブリエルも


みんながいなくなったあと、
お酒が足りないとか、散々駄々をこねて
そうして
私を抱き上げて、グルグルと回して

ベッドに倒れたあと、目が回ったと責める私に
Me too、と、
息を切らしながら言った


優しいキスをして
私を見つめる
3センチぐらい先にある、目を見ていた

近くで見ると
瞬きという行為は、こんなに儚く
その目的は
何かをもっとよく見ようとする目的だけの
なんて切ない行為なんだろうと思った


暴れて、私が悲鳴をあげるくらいに
首元に散々に噛みついたあと、
す、っと体を離して
静かに
Time to go?
と聞いた

その
悲しみとやけくそさと
そして理性の、混ざった目を
忘れない


26歳の、私に恋をした、可愛い
綺麗で壊れた心の男の子


壊れた心で
一生懸命に
それでも

私のことを
大事にしようと

今の私の状況を
尊重しようと

やけくそにもワガママにもいくらでもなれたあの状況で
がんばって踏みとどまってくれた、彼に

ありがとうと

見せてあげるばかりだったこの恋のなかで
初めて
そう思った



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/483-8daaafc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。