エメラルド色の、その瞳の奥を 


初めて、彼と寝た夜
あなたのことを思い出した

それは、夏の始まりの
熱気のこもった夜で

あなたと出会ったのは
まだ春始まって間もない
爽やかな、淡い白い午後だった


あなたとは、いつかはダメになることを分かっていた
私たちはあまりに違いすぎて
いつも、すべてが手探りだった


私たちの間にあった
言葉にできない
甘いしっとりとした空気

私をのぞき込むあなたの大きな緑色の目を
この世のどんなものよりも
愛おしいと思った


いろんな人が
「どうしてあの人なの?」
と言っていることを知っていた

それでも、
私たちがあまりに幸せそうにしているのを見て
まぁそれならいいか、と
少しずつ思い始めてくれていることも知っていた


あなたなりに
精一杯優しく
そして愛してくれていたね




初めて彼と寝たとき
泣きたい気持ちであなたのことを思った

もう、あなたの
あの不器用な愛撫を受けることはなく

私にキスをするために眼鏡を取る仕草も
私のために氷を砕く仕草も
もう見ることはないんだと思った


いつかくるべきだった時が来たんだと
熱っぽい空気の中で
ぼんやりと思った



いつまでもいつまでもいつまでも
覚えている

あなたの、優しくて綺麗な心と
硬い髪の手触り
眼鏡越しの大きな目と
毛布をかけてくれる仕草
温かいその体


そのエメラルド色の瞳が
いつか、私の腕の中にあったこと




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/487-cab1cca2