オヤジギャル 

今日、マネージャーたちに、「実は、オヤジギャルだよね」と言われました。





「その外見と中身のギャップがマニアにはたまらない!」とほめられた(?)ので、
オヤジギャルってなんだろう?とウキウキ調べてみたところ、どうやら1990年に流行語大賞をとった言葉らしい。

1990年って、小学生・・・
「実物初めて見た!!」とかって騒がれても知らないし。


そして、調べた結果、ほめられてないことも判明。

オヤジギャルの具体例が載っていました。
(⇒オヤジギャル 日本語俗語辞書より)

【オヤジギャルの具体例】
1) 駅の立ち喰いソバを平気で食べる
2) 電車の中でスポーツ誌を読む
3) 疲れたらユンケル皇帝液を一気飲みするなど


うーん・・・

1) はやったことないけど、会議と会議の間(移動)で必要に迫られればやるかも?
上司に「時間ないからここで」と言われたら、食べるかも・・・
2) は、スポーツ誌は読まないけど日経新聞は読む・・・(「愛の流刑地」の次の連載「甘空上海」は一応人前では読まない)
3) は、ユンケルは飲まないけどチョコラBBなら飲む。危機的状況では奮発してユンケルも飲む・・・

その他にもゴルフをする、上司と話が合う、地酒を飲みに友達と繰り出す、などなど・・・
(心当たりがありすぎて悲しくなってきた)

彼らが私を「オヤジギャルだ!」と思ったきっかけは、
私が居酒屋の定食を嬉々として食べていたときとのこと。
そういえば、毎日おじさん4人とランチしてるうちに、
「パスタ☆」なんていつの間にかローテーションから外されてました。


このままおじさんとばっかり働いてたらヤバイかも・・・



ところで、1990年といえば、バブル崩壊直後。
きっと、おしゃれで派手~な時代から、「オヤジギャル」と呼ばれても高架下で地酒を飲む時代に移り変わった頃だったんでしょうね。

バブル景気は小さすぎてスルーしてしまったのであんまり馴染みがないのですが、
バブル景気!何でも百科事典」や、「Wikipedia」を見ていると
一度は体験してみたかったなぁとちょっと思います。(特にジュリアナ東京)


現在の金融危機はもっと地味で、
1980年代のバブル景気とは全く正反対の、貧困層に夢を見せて崩壊した悲しい
&
利益を追い求めることを強いられた金融家たちがバブルだと知りつつどうしようもなく膨らませていったバブルでした。

バブル崩壊後第二世代の「オヤジギャル」にならないようにがんばります・・・



バブルについて、夢を見たい人はこちら⇒「バブル時代へGo!タイムマシンはドラム式
バブルの真相を知りたい方はこちら⇒「すべての経済はバブルに通じる

オヤジギャルに興味のある方は、中尊寺ゆつこさんの「スイートスポット」を。
(これは読んだことないけど)




Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/91-124ab32f