スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I love Reggae 

人からはよく
「え~?!」と言われますが、
私はレゲエが好きです。





爆音でCDも聴くし、カラオケで熱唱もするし(しかも結構ウマイと思う)、
夏になれば、HIGHEST MOUNTAINSunset Liveなどの野外イベントに友人と遠くから赴き、
踊り、飛びはねます。

野外フェスに集まる人の年齢はだいたい20歳前後なので、ビミョーに浮くのですが、
レゲエに代わる音楽というものはそうそうないので
これからどうしようかちょっと悩むぐらい。



なんでこんなにレゲエが好きかというと
答え:熱いから



そう、レゲエは熱いのです。

ジャマイカが独立した直後に誕生した音楽ということもあって、とにかく熱い。

レゲエは一般にレベル・ミュージック(Rebel Music/反抗の音楽)といわれますが、
日本のジャパレゲには、人を後押しする、前向きにする曲が多い。
こんなに素直で、反抗中の人をしみじみさせずに頑張らせる音楽は
普通のPopsにはなかなかないと思います。
(日本のPopsは、しっとり浸らせて「そう!私も!!」って共感させて解消させるパターンか、
とにかくただただ明るい羞恥心パターンがほとんど)



ジャパレゲのメジャーどころはたぶん、
-RYO the Skywalker
-PUSHIM
-湘南乃風
-MINMI
-MIGHTY JAM ROCK
-MOOMIN
あたり。
(90%の知人からは「マイナー」と切り捨てられますが)


RYO the SkywalkerはTwitterとmixiがつながっていて、
一度福岡空港でバッタリ会った仲。
彼の『Free』という曲にある
「一度や二度がなんだよぅ」「たいそうなTieしたおっさんも、そんなしがらむ暮らしならどうなんよ」
という歌詞は
昔進路に挫折して、このあとどうしよう・・・と落っこちた私を、
さらにモラトリアムに落っことして救ってくれました。


こっから先はレゲエを知ってる人にしかわからないと思うのですが、



PUSHIM(プシン)って、ぜーったい芸名だと思ってたら本名なんですね~。
朴 冨心(ぱく ぷしん)
こないだNEW Album『RUNAISSANCE』のツアーをやっていて
オークションでやっとチケットを手に入れたのに、直前で失くしていけなかった。
代わりにその友達とカラオケでPUSHIMを熱唱しながら泣きそうになりました。


湘南乃風の若旦那とMINMIは夫婦。
去年の12月に赤ちゃんが産まれました。

ただ、MINMIの曲が使われたCMにIkkoさんが出演した事件で
すべてのメジャーイベントから外され(レゲエは反同性愛の音楽)
去年はMINMIと湘南乃風で「Freedom 08」というツアーを実施。

でもレゲエでおなじみの、タオルを振り回すスタイル、あれを広めたのはMINMIです。


あと、超コネタですが、「笑連隊」というレゲエグループのDJヨンコンは、オスマンサンコンの息子です。


(おわり)


Comments

確かにレゲエは若いよね
20歳くらいのころ行ってた気がする

そう。この年まで好きだと「レゲエ好き」っていうか「オタク」だよ。
野外フェスなんて全曲わかるもん。飛びどころも。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://yumemora.blog54.fc2.com/tb.php/93-4914f5e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。