手を放す瞬間 

最後に、ああやって
何事もなかったかのように
みんなで、はしゃげてよかった

あんなに一緒に過ごしていたジュリアンも
マックスのときのことから知っているサムも
I miss you と言ってハグをくれたエイミーも
いつもの、笑顔の可愛いブリエルも


みんながいなくなったあと、
お酒が足りないとか、散々駄々をこねて
そうして
私を抱き上げて、グルグルと回して

ベッドに倒れたあと、目が回ったと責める私に
Me too、と、
息を切らしながら言った


優しいキスをして
私を見つめる
3センチぐらい先にある、目を見ていた

近くで見ると
瞬きという行為は、こんなに儚く
その目的は
何かをもっとよく見ようとする目的だけの
なんて切ない行為なんだろうと思った


暴れて、私が悲鳴をあげるくらいに
首元に散々に噛みついたあと、
す、っと体を離して
静かに
Time to go?
と聞いた

その
悲しみとやけくそさと
そして理性の、混ざった目を
忘れない


26歳の、私に恋をした、可愛い
綺麗で壊れた心の男の子


壊れた心で
一生懸命に
それでも

私のことを
大事にしようと

今の私の状況を
尊重しようと

やけくそにもワガママにもいくらでもなれたあの状況で
がんばって踏みとどまってくれた、彼に

ありがとうと

見せてあげるばかりだったこの恋のなかで
初めて
そう思った



香りは永遠に 


久しぶりにKiehl'sのココナッツのリップクリームをつけたら
ふっと
生温かい5月のシアトルの夜の空気が拡がった

匂いは、なによりも唐突に
強烈に記憶を呼び起こす


ココナッツのリップと、市場の人混みとコーヒーと古本の混ざった匂い
傾きかけた太陽の柔らかい光が
観覧車と水面をキラキラと照らす風景が

まるで目の前にあるかのように



15歳の頃の彼がつけていた、ウルトラマリンの香水

原付で通ったピザ屋のトマトソースの匂いと
バイクのオイルの染み付いた白いバン

その香りの傍にいるだけで
何もかもが大丈夫なような気がした

その香りとすれ違うたびに
あの頃に手が届くような気がした



コロンビアの結婚式で、真夜中に何気なくViktor Rolfの香水をつけたら
INSEADの最後の方の、切ない夜の匂いがした

まるで、あの夜に戻ったかのように
バスルームを出たら
いつものように少し酔った皆が、笑って踊っているかのように

当然ながら
外には新しい夜が拡がっていて

でも
匂いは永遠に上書きされない



やがて時が経って、いろいろなことが変わって
思い出さえ、もう切なくなる必要のないものになっていたとしても

匂いだけは執拗に、その時間に留まり続けて
残酷なくらいに唐突に
私たちを時々過去へと連れ戻す



ウイスキーとタバコと
冬の夜の空気と月の匂いを混ぜたら
一年前のあの頃を触ることができるんだろう

たとえもう二度と戻ることがなかったとしても
何度でも戻ることができるんだろう




砂埃と音楽とカオスの中 


砂埃が鼻に詰まって、簡易トイレの匂いも気にならないくらいだった。

朝の3時に友達が
「ちょっとみんなについていけないから早いけど帰るよ」
と言ってテントに帰っていくような、時間のずれた世界。

image4.jpeg


一緒に遊んでいた女の子に
"You're amazing!"
と言うと、恋人の方を見て
"I wish she weren't so nice.
We have a real world, right?"
と笑った。

IMG_1599_2.jpg



普通が普通じゃない世界。
それでも、みんなが丁寧に優しい世界。


笑い声がよく響く男の子を見て
"I think he laughs more than he speaks"
と言うと、別の男の子が笑って
"That's not a bad problem to have"
と言う。

ひたすらポジティブな世界。


image3.jpeg



空には数え切れないほどの星が低く瞬いていて
手を伸ばせばオリオン座に触れてしまいそうだった。

肩をくっつけて、ふたりで座って朝陽を見ていたら
深呼吸と一緒に、自分の中の欲や嘘が、全部きれいになっていくような気がした。



こうして、いつも試行錯誤ばかりしている私たちがたどり着くのは
こんな地の果てなのかもしれない。

朝陽の中
遠くに音楽を聴きながら
静寂の中
体の一部を触れ合わせて眠る

そんな朝なのかもしれない。


image6.jpeg


image2.jpeg

最後に抱き合う夜 


まだ、なんとか大丈夫だったかもしれないときと
もう、絶対にダメになったとき

その間に
最後に抱き合う夜
というものがあるんだと思う


最後に会うことや、最後の電話、最後のメールなんかはだいたい
たとえ曖昧だとしても、なんとなく、最後の予感を伴う

まだあるかもしれないけど、もう、二度とないかもしれない
でも、会おうと思えばまた会えるかもしれない


話したいと思えばまた話せると
自分をごまかすことはいくらだってできる

たとえ、心のどこかで
それは起こらないと分かっていたとしても



だけど
最後に抱き合う夜

それだけは、どうしようもなく
突然に訪れるものなのだと思う


あるとき
もう二度と抱き合うことはないということが絶対に変わらない事実となり

何気なかった無邪気なあの夜が
最後の夜になる


2人が、まだ2人きりでいた時間
誰よりも近くにお互いを近づけた時間
まだ、2人の先に光があった頃





だから、最後の夜はいつも
思い出せないくらいに当たり前で
温かく、切ないんだと思う






heaven is not too far to touch 


天国が、あとすぐそこにあるのなら
私は、触ってみたい


たとえ、そのあとに堕ちる先がどんなに無限大に深かったとしても
私は、見てみたい

たとえ、curiosity killed the catのネコになったとしても




臆病な彼のためにあると思っていたこの歌が
本当は、ずっと自分に向かって歌われていた歌だったのかも知れないと思ったとき
考えすぎていて、天国に手を伸ばせなくなっていたのは
私だったのかも知れないと思った



My love,
heaven is not too far to touch
you are scared because you care too much
I will never give you up